2009年05月19日

新型インフルエンザ対策を考える〜食料編〜

 あっ!という間に感染者の数は150人を超えましたね。飛沫感染って、あなどれないんですね。。(5/20追記:飛沫感染の他に、接触感染があるそうです。ウイルスが付着している所を知らずに触って、その手で自分の口や鼻を触る事で感染してしまう。)

 今回流行しているウイルスの毒性はそれほど強くないらしいし、こちら関東の方ではまだまだ他人事のような雰囲気。。でも、今後の事も考え、対策しておくに越したことはありません。
 厚生労働省のガイドラインやマスコミ報道を参考にすると、予防のためには、

・不要不急の外出、特に不特定多数の集まる場所への外出は、避ける
・手洗い、うがい、マスクの着用の徹底

 ・・・簡単にまとめると、以上の事が重要みたいです。

 それらを実行するためには、

・食料、飲料水の備蓄
・マスク、日用品の買いだめ

 ・・・以上が、私でも今すぐに出来る新型インフルエンザ対策かな、と思います。

 それで、備蓄する食料は、非常食が最適なのでしょうけど、いくら日持ちがするといっても永遠ではないですし、あまり在庫を抱えても、賞味期限切れの時処分するのが大変かもしれません。乾パンとかを大量に置いておくのはちょっと気が重い。。

 そうすると、非常食の他に、普段の生活でも美味しく消費できるものが常にストックしてある状態が望ましい。うちだと、お米プラス、乾麺のたぐいがその条件にマッチします。麺類大好きなので。

 特に、パスタは重宝です。意外にどんな味付けでも受け入れてくれるので、イタリアの人にいったら怒られそうですが、中華風スープに入れたり、焼きそばにしても美味しいです。

 うちでは、ディチェコのフェデリーニ(No.10)とカッペリーニ(No.9)を良く使います。カッペリーニは一番細くて、そうめんのイメージですが、もう少ししっかりした食感で、スープものにとてもよく合います。細いのでゆで時間が短いのも魅力。

 昨日、たまたまのぞいた駅前の食料品も売ってる酒屋さんでディチェコが一束(500g)198円だったので(普通のスーパーだと300円以上する事もあります)、そのとき持てる範囲で5束ほど購入しました。また後で援軍(パパ)を呼んで来ようと、鼻息荒く帰宅したのですが、援軍曰く、「ネットで買えないの?」。

 ・・・・・。

 ネットでまとめ買いすると安いです。(じゃあ、いつもそうすれば良かったじゃん!たまに高いの買っちゃってたじゃん!!←非のないパパに八つ当たりする私でした)


ディチェコ カッペリーニNO.9(約0.9m/m)
1ケース(500gx24袋)



ディチェコ フェデリーニNO.10(約1.4m/m)
1ケース(500gx24袋)

うちは、ご飯は玄米で食べているので、
出来れば無農薬のものが望ましいのですが、
経済的にそうも言ってられません(;-_-)

低農薬でこのお値段はお得だと思います。

こだわり米農家の低農薬・有機肥料100%
コシヒカリ玄米30kg
posted by るりろう at 01:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。